犠牲はつきものだなあって(遠い目)

 

はい、というわけで昨日の続き。
LobotomyCorporation白夜鎮圧戦。
一応続きを読む閉じしておくんで、
完全初見予定以外の方は見るのをやめるんやで。

 

詳しい経緯やらなんやらは昨日の記事を参考にしてもらうとして。
改めて白夜鎮圧にエージェント二人で挑んできた。

 

できれば安全チームに移動してほしかったんだけど、
なんか頑なにそちらにいかない。かなり再挑戦で粘ったけど、
結局安全Tに行ったのは一回きり(そしてそこでは失敗した)。
仕方ないので最終的に教育チームに入った時に挑戦。

 

放置で収容違反を起こしいざ鎮圧開始。

折角なのでそこまで意味はないかなと思いつつも、
熱狂心臓と行動矯正をそれぞれに持たせたりもした。


とにかくヒットアンドアウェイなんだけども、
徘徊使徒がちょこちょこやってくるから、
それと出来る限り接触しないように立ち回るのが忙しかった。
最初の死因もすれ違いざまに鎌持ちにつかまれての即死だったし。
杖や槍はつかんでこないのかそんなに厳しく無かったけど。

移動しながら、というのを考えると
施設開放しきれてなかった安全Tより教育Tの方がよかったのかなあ。
移動してくるルートも増える、って考えるとどっちもどっちかしら。

 


魔法の弾丸で攻撃してると、どうもつかみ範囲までこないっぽく
手を挙げられてもつかまれることはなかった。
ただエレベーターから移動する時に
護衛使徒が右(左)側に密着気味でないかは
気にする必要があるけれども。

 

気を張りつつも後半は多少慣れも生じて、
前半よりは撃ちに行くペースも上がった。
その結果……

ヤッタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

というわけで無事白夜鎮圧。
所要時間約1時間45分と相成りましたとさ。
ながくくるしいたたかいだった。

 

さてとはいえ16日目を無事越えなければならんわけで。
白夜をなだめつつエネルギーを貯めていたわけよ。
けど忘れていた、白夜はALEPH。
世話すればするほど成功率が下がっていく。

ちょっと焦りが入りつつも、キュートちゃんや
殺人者を世話して稼ぐ。幸い暴走はないし、
成功率リセットかけつつ行けばやれるだろうと、
思っていたら、

 


赤と、紫は、さけてほしかった(
いや、まあリセット直後一人白夜お世話行って、
もう一人が紫を殴りまわれば……。
装備的にやられることはないだろうしいけるやろ!!!

 

げんじつはひじょうだちゅん

うおおおおい罰鳥ィイイイイイイイイ!!!!!!

魔弾の効果が遺憾なく発揮され、
紫黎明ごとちゅんちゅんを撃ってしま、った。
メキョリ……。

 

呆然としかける私に見ていた友人が、
「エネルギー溜まった! 業務終了!」
と呼びかけたことで、一日を終えることには成功した。
……ワカリマシタンは犠牲になったのだ……。

 

この前から罰鳥に絡まれ始めていて、
アブノーマリティのカウンターも減っていくしで妙に
焦ってしまったのが良くなかった。

ただただ罰鳥に絡まれ続けているのを耐えていれば、
白夜のお世話終了と同時に必要エネルギーが溜まっていたので
ワカリマシタンが死なずに終わることもできたと思う、のに。

 

こういうとこ、ほんとLobotomyCorporationって感じしますね(血涙)

 

……一応、白夜討伐事態は成功しているので、
失楽園武器は入手。ワカリマシタンの墓標かな……?

 

戦友キョキョちゃんに装備させてあげよう。
ますます悲観的になってしまう……。

防具に関してはエネルギーが余裕で溜まってたので、
もう一つを抽出するのには問題なく。

普段ならお気に入りのエージェントは事故起きたりしたら
すぐに同じデザインで雇用し直したりするんだけど、
(というかそもそも大体事故起きたらその日をやり直す)
今回はなんか脳内で悲しくも色々妄想が展開してしまったので、
この周はワカリマシタンはこのまま眠ってもらおうと思う。
いかれた戦闘狂らしいオチがついた、という気はしないでもない……。

 

妄想勢は悲しみをネタに昇華して心を癒やすのだ(歪)

 

気を取り直して今後の予定。
3周目は想定外の白夜鎮圧周ということにして、
これからちょっと残ってる面倒なアブノーマリティが来れば
それを優先して収容し、早めに4周目へリセットかな……。

 

というわけで白夜鎮圧戦回でした!
みんなはうっかり収容や洗礼に気をつけるんだゾ!★

 


安らかに眠れ……。
(そして4周目に再び目覚めよ)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください